フェンシングの元日本代表・千田健太さん(31)は2日、盛岡市西見前の盛岡南高(岩沢健二校長、生徒722人)を訪れ、五輪出場の経験や競技生活について講演した。実技体験の指導も行い、生徒たちと交流した。

 体育科と普通科体育コースの1、2年生163人が参加。千田さんは欧州の選手との試合で体格差に苦しんだ経験や、けがや挫折を乗り越え、ロンドン五輪フルーレ団体で銀メダルを獲得したことを紹介した。

 生徒たちには「負けの経験が次につながる。目標に向かって、勝っても負けても学びながら生かしていくことが大切」と助言した。生徒たちは実際に千田さんの指導を受け、フットワークなどを練習。千田さんとの対戦に挑ん...    
<記事全文を読む>