1次リーグが行われ、女子は連覇して平昌五輪代表内定を目指すLS北見が、中部電力を5―3で退け6連勝。上位4チームで争うプレーオフ(PO)進出を決めた。この後、富士急にも勝って開幕7連勝となった。北海道銀行は帯畜大とチーム東京に連勝し、6勝1敗でPOに駒を進めた。男子は札幌がチーム東京と5連覇を目指すSC軽井沢クラブに連勝し、6勝1敗でPO進出を決めた。

 ハイライトは全勝対決となった中部電力戦。第10エンド、追い付く見込みのなくなった中部電力がギブアップすると、LS北見スキップの藤沢五月(25)とサードの本橋麻里(30)は肩を抱き健闘をたたえあった。藤沢は「正直いい試合ではなかったけど(...    
<記事全文を読む>