14~17日の4日間、長野県で開催される第72回国民体育大会冬季大会スキー競技会「ながの銀嶺国体」の県選手団が2日、発表された。田畑裕明県スキー連盟会長を団長に本部役員11人、監督3人、旗手を務める距離少年男子の山下陽暉(南砺平高3年)ら選手54人で臨む。2013年から3年連続で9位に終わっていた男女総合成績(天皇杯)は昨年7位入賞を果たしており、今回も8位以上を目標に掲げる。

 距離少年男子では、前回大会3位に入り、世界大会の経験も持つ山下が上位入賞を狙う。大回転では、出場した過去10大会全てで入賞を果たした成年男子Bの水口雄太(南砺市役所)が上位を、前回は少年女子で優勝した成年女子A...    
<記事全文を読む>