トナミ運輸(高岡市)バドミントン部に4月から、昨年の全国高校総体女子シングルスで優勝した仁平(にだいら)菜月(富岡高3年)が入部する。同チームの女子選手は日本B代表の大堀彩に次いで2人目。

 仁平は水戸市出身。強豪の富岡高(福島)に進み、昨年の全国高校総体ではシングルスと団体戦で2冠を達成した。

 また、1991年から4年間、トナミ運輸で選手として活躍した大堀均富岡高監督も4月から入社し、女子選手2人を中心に指導する。大堀監督は彩の父。

 仁平と大堀彩は7~12日にバンコクで開催されるタイマスターズに出場する。

...    
<記事全文を読む>