女子プロゴルフのLPGAツアー開幕戦となる第30回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント(3月2~5日、南城市・琉球GC)開催を前に27日、6年ぶり9回目の出場となる宮里藍が沖縄入りした。タイでの米女子ツアー初戦を26日に終えて沖縄に駆け付け「(前回出場から)時間が空いた分、非常に楽しみにしている。しっかりと地に足を着け、結果を残したい」と決意を語った。この日は琉球GCで練習ラウンドが本格的に始まり、大会本番に向けて参加選手が最後の調整を重ねた。

 昨年26試合に出場した宮里は、賞金ランキング67位で米女子ツアーのシード権を獲得した。シーズン終盤には腰痛を発症し、フィジカル面の強化...    
<記事全文を読む>