山形つや姫ブランド化戦略推進本部(本部長・吉村美栄子知事)とスポンサー契約を結ぶ女子プロゴルファーの大江香織選手(26)=山形市出身=が24日、県庁を訪れ、吉村知事と懇談した。

 2011年度から1年ごとの契約を結んでおり、今回が初めての訪問。この日は、吉村知事から18年秋に本格デビューする県産米新品種「雪若丸」6キロ、県産ブランド米「つや姫」30キロが大江選手に贈られた。同本部によると、雪若丸の名称が決まって以降、公の場で贈呈されるのは初めて。

 大江選手は「つや姫を食べたいという先輩たちに配っている」と話し、同席した母裕子さん(53)は「冷めてもおいしいので、おにぎりにしてラウンド中に...    
<記事全文を読む>