ヤマハは23日、新たにプロゴルファー5人と同社ゴルフ用具の使用契約を締結したと発表した。同社が一度に5人と新規契約を結んだのは初めて。

 5人は大山志保、有村智恵、ユン・チェヨン(韓国)、今平周吾、弓削淳詩。国内外のトーナメントで同社のブランド「RMX」(リミックス)や「inpres」(インプレス)のクラブ、キャップなどを使用する。

 同日、都内で行われた発表会で、2006年賞金女王の大山は「今年のヤマハレディースで優勝したい」と抱負を語り、今季5年ぶりに国内ツアーにフル出場する有村は「初めてのブランドに変え、大改革していきたい」と意気込んだ。

 同社と長年、契約を結んでいる谷口徹や藤田寛之...    
<記事全文を読む>