二〇二〇年東京五輪のゴルフ競技会場の「霞ケ関カンツリー倶楽部(くらぶ)」(埼玉県川越市)が女性の正会員を認めていない問題で、有志団体「日本ゴルフ改革会議」のメンバーが三日、東京都庁で小池百合子知事と会談し、都立の若洲ゴルフリンクス(江東区)への会場変更を申し入れた。

 議長のジャーナリスト大宅映子さんは「女性を正会員としていないだけでなく(選手村からも)遠く、(大会時気温も)暑い」、松沢成文参院議員は「施設整備に霞ケ関は三十九億円かかるが、若洲なら約十五億円でできる」と訴えた。

 小池知事は「霞ケ関カンツリーで女性を受け入れるという大きなきっかけにしてほしい」と述べた。

 一方、大会組織委員...    
<記事全文を読む>