鹿児島市のランニングチーム「BDK」のメンバー11人が26日、3月5日開催の鹿児島マラソンのコース沿い約7キロ(吉野町-姶良市重富)を走りながら、ごみを拾った。3時間半でごみ袋25個分を集めた。

 大会参加者に気持ちよく走ってもらおうと、昨年に続き2回目。JR竜ケ水駅に集まったメンバーは、国道10号沿いを姶良市重富方面に向かって、ごみ拾いをスタート。沿道に落ちていた空き缶やペットボトル、吸い殻などを次々と回収した。

...    
<記事全文を読む>