総社市を中心に開かれる「2017そうじゃ吉備路マラソン」(岡山県、同市、同市教委、山陽新聞社で構成する実行委、岡山陸上競技協会主催)の前夜祭が25日、同市中央の市民会館で開かれ、公務員ランナーとして知られる川内優輝(埼玉県庁)ら招待選手がトークショーを繰り広げた。

 川内、天満屋女子陸上部の西脇舞、箱根駅伝で活躍した青山学院大4年の秋山雄飛の3選手が、本番への意気込みを語った。秋山選手とともにハーフに出場する川内選手は「大学など全国トップレベルの選手を相手に競り合っていい走りを見せ、シーズンベストをマークしたい」と語気を強めた。

 10キロに挑む西脇選手は「走りやすいフラットなコースなので...    
<記事全文を読む>