姫路城を発着点とする「世界遺産姫路城マラソン2017」が26日、兵庫県姫路市内で開かれた。国内外から集まったフルマラソン(42・195キロ)ではランナー約7千人が出走し、市街地や自然豊かな郊外を駆けた。

 姫路市などでつくる実行委員会が主催(神戸新聞社など共催)し、3回目。フルは、一定タイム以内で走る人を対象にアスリート枠を新設し、定員を前回より千人増員。海外からの応募枠も設けた。ほかにファミリーや小中学生向けのファンラン(1~5キロ)を含めて計約1万1千人の参加を受け付けた。

 フルのランナーは姫路城を背に大手前通りをスタートした。夢前川沿いを北上し、塩田温泉郷で折り返す。その後、再び川...    
<記事全文を読む>