南関町の南関第二小の6年生20人が24日、リレー形式でフルマラソンに挑戦し、男子の日本最高タイムを1分以上更新する2時間4分58秒の“日本新記録”で完走した。

 6年生は体力づくりのため、昨年11月から始業前に長距離走に取り組んでいる。町の小学生駅伝大会で全部門優勝するなど力をつけてきた全員で高い目標に挑もうと、担任の山口伸一教諭(49)が提案した。

 1周150メートルの運動場を281周と45メートル走るコースに挑んだ。子どもたちはバトンを持って1周を4人でつなぎ、トイレ休憩などをカバーし合いながら最後は全員でゴール。「新記録達成」を知ると、ハイタッチして喜びを爆発させた。

 坂井琳哉[り...    
<記事全文を読む>