男子マラソンで世界選手権に2度出場し、昨春に現役を引退した中大の藤原正和監督(兵庫県神河町出身、西脇工高-中大出)が、26日に姫路市内である世界遺産姫路城マラソンに招待選手として凱旋(がいせん)出場を果たす。

 1年前、高校当時はコーチだった西脇工高の足立幸永監督に引退を報告したところ、同マラソンを勧められた。2015年の第1回大会に5キロのファンランで出場、神河に近いことから思い入れもあり、出場を決めた。

...    
<記事全文を読む>