春季県体・第59回県内一周大分合同駅伝競走大会は24日、最終日を迎え、17郡市16チーム(国東市と東国東郡は合同)が5日間かけて39区間392・2キロで競った結果、大分が8年連続39回目の総合優勝を果たした。

...    
<記事全文を読む>