中四国地方最大規模のマラソン大会「2017そうじゃ吉備路マラソン」(岡山県、総社市、同市教委、山陽新聞社で構成する実行委、岡山陸上競技協会主催)が26日、同市を中心に開かれる。当日は朝から交通規制が行われる。エントリー数が過去最多となり混雑が予想されることから、実行委は鉄道を利用した来場を呼び掛けている。

 フル、ハーフマラソン、10キロ、5キロ、3キロ、ファミリーマラソンの1・5キロと0・8キロの7種目に2万834人が出場予定。招待選手は、14年仁川アジア大会男子マラソン銅メダルの川内優輝選手(埼玉県庁)、青山学院大の秋山雄飛選手、天満屋女子陸上部の西脇舞選手らで、川内、秋山選手はハー...    
<記事全文を読む>