総社市を発着点に26日開かれる「2017そうじゃ吉備路マラソン」(岡山県、総社市、同市教委、山陽新聞社で構成する実行委と岡山陸上競技協会主催)の前夜祭が25日、同市中央の市民会館で開かれる。招待選手としてハーフマラソンの部に出場する公務員ランナー川内優輝選手(埼玉県庁)らのトークショーで大会を盛り上げる。

 トークショーには川内選手のほか、箱根駅伝で活躍した青山学院大の秋山雄飛選手、天満屋女子陸上部の西脇舞選手が登壇。片岡聡一市長がコーディネーターとなり、ランニングの魅力やレース秘話、大会への意気込みなどを話してもらう。

 前夜祭は午後4時から。開会セレモニーや「仙台国際ハーフマラソン」と...    
<記事全文を読む>