京都マラソン2017(京都市、京都陸協主催、京都市体育振興会連合会、京都新聞など共催)が19日、京都市内で行われた。ペア駅伝と車いす競技を含めて約1万7千人のランナーが、冬晴れの古都を駆け抜けた。

 午前9時、スタート地点の西京極陸上競技場(右京区)の気温は11・0度と、冷え込みが緩んだ。出場者は仁和寺や龍安寺前、鴨川河川敷、京都御苑の南側などを走り、京の風情も楽しみながら、ゴールの平安神宮前(左京区)を目指した。1万6千人余りが完走した。沿道には約50万人(主催者発表)が詰めかけ、ランナーに声援を送っていた。

...    
<記事全文を読む>