大垣市浅中公園陸上競技場を主会場に開かれた「第38回田口福寿杯中日西濃駅伝」(大垣市陸上競技協会、中日新聞社などでつくる実行委員会主催)。県勢では、高校男子の益田清風が2位、女子の大垣日大と一般Aの岐阜経済大2年が3位に輝き、一般Bの東レドリームランナーが5位に入るなど、力走を見せた。

 高校男子で2位だった益田清風。中盤で抜かれて逆転できず終わったレースに、殿地琢朗さん(17)は「悔しい」とこぼした。

 昨年11月の全国高校駅伝競走大会の県予選会で2位になり、「2位を1位に変える取り組み」をテーマに練習を重ねてきた。

 しかし、今月上旬に出場した中日浜名湖一周駅伝競走大会でも結果を残せず、...    
<記事全文を読む>