第57回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催、ネッツトヨタ佐賀特別協賛)最終日は19日、唐津市役所から佐賀新聞社前ゴールまでの8区間56・8キロで競い、前日まで累計トップの小城市が佐賀市の追撃を59秒差でかわし、13時間16分12秒で5年連続6度目の優勝を果たした。この日の日間賞を獲得した佐賀市が2位、3位は唐津・玄海だった。

 佐賀市に累計3分35秒差をつけて最終日を迎えた小城市は、前半スタートの24区で溝田槙悟選手(戸上電機製作所)が区間3位と粘るなど我慢のレースを展開。後半も福田憲互選手(西九福祉会)、大島伸選手(戸上コントロール)らベテランや女子選手が踏ん張...    
<記事全文を読む>