浜松市街地などを市民ランナーが駆け抜ける第13回浜松シティマラソン(市などでつくる実行委主催)が19日、同市中区の四ツ池公園陸上競技場を主会場に開かれた。

 市役所前をスタートして中心街を走り、航空自衛隊浜松基地南側で折り返すハーフマラソンと、同競技場を発着点とする5キロ、3キロの計3種目、27部門を行った。県内外から9511人が出場し、9161人が完走した。

 ハーフマラソン29歳以下の部男子は鈴木忠選手(スズキ浜松AC)が1時間5分31秒で優勝した。同部女子は渡辺喜恵選手(同)が1時間18分39秒で頂点に立った。

 ■けが乗り越え 鈴木選手がV ハーフ男子29歳以下 ゴール目前までもつれ...    
<記事全文を読む>