春季県体・第59回県内一周大分合同駅伝競走大会(県、県内各市町村、県教委、県体育協会、大分陸上競技協会、大分合同新聞社主催、モバイルクリエイト特別協賛)は20日、開幕する。大分市の大分合同新聞社前を発着点とし、県内各地を駆け抜ける39区間、392・2キロのコースで、17郡市16チーム(国東市と東国東郡は合同)による郡市対抗レースを繰り広げる。スタート前日の19日は大分合同新聞社で開会式が行われる。

 前回大会の成績を基にA(大分、別府、竹田、佐伯、日田)、B(臼杵、玖珠、豊後大野、宇佐、国東・東国東、豊後高田)、C(中津、由布、速見、杵築、津久見)の3部に分かれ、総合優勝や部別優勝、躍進...    
<記事全文を読む>