熊本市で19日に開かれる「熊本城マラソン2017」に、神戸マラソン実行委員会事務局職員の渡辺智明さん(51)と松浦伸太郎さん(35)が出走する。昨年4月の熊本地震後、初めて迎える大会。2人は阪神・淡路大震災の経験を踏まえ、「全力で走ることで、少しでも熊本を元気付けられたら」と復興を後押しする思いで臨む。(大田将之) 大会は、熊本城と周辺を発着地に、フルマラソンを中心に1万3千人以上が参加する。

 マラソン初挑戦の渡辺さんは約3キロ、陸上競技経験者の松浦さんはフルマラソンに挑戦。50代の渡辺さんはマラソンの応援は大好きだが、エントリーは今回が初めて。

 出走を決めたのは、阪神・淡路大震災の経...    
<記事全文を読む>