第64回鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会は18日午前9時、鹿児島市役所前から県内12地区の代表選手が一斉にスタートした。22日までの5日間、53区間588.1キロにわたってたすきをつなぐ。

 初日は11区間128.9キロで争われ、トップの選手はゴールの南さつま市役所に午後3時50分ごろ到着する予定。

...    
<記事全文を読む>