「鹿児島マラソン2017」に参加するランナーを激励しようと、鹿児島市の和光幼稚園の園児125人が10日、応援イラストを描いた。ゴールテープを切る選手らをカラフルにデザイン、応援メッセージも添えた。

 絵は主に、フルマラソンのコースとなる国道10号の姶良市側約1.9キロ間の中央分離帯に置く「応援メッセージポール」50本に2枚ずつ貼る。この区間は沿道の人出が少ないため、両側から絵が見えるよう設置し、ランナーたちを励ます。

...    
<記事全文を読む>