第43回郡市対抗熊日駅伝(熊本陸協・熊日主催、県・県教委・県体協・熊本市教委・県高体連・県中体連後援、肥後銀行協賛)は12日、天草市役所前から熊本市のびぷれす熊日会館前までの14区間106・5キロで19郡市の代表が健脚を競い、熊本市が5時間31分57秒で3年連続9度目の栄冠に輝いた。

 熊本市は1区竹割真(出水中)が区間1位の走りで上々の滑り出しを見せたが、その後9位まで後退。5、6区の連続区間賞で盛り返して上位を追う展開になり、12区の加藤純平(九州学院高)が1キロ地点でトップの球磨郡を捉えると、3キロ付近で突き放した。後続も先頭を守りきった。

 球磨郡は8~11区までレースを引っ張った...    
<記事全文を読む>