いしかわ特別支援学校陸上部の生徒たちが三月十九日の金沢ロードレース(北陸中日新聞、石川テレビ放送、石川陸協、金沢市陸協主催)に向け練習に励んでいる。二〇〇九年から一〇年を除いて毎年出場。ことしは中高生六人が一六年度の集大成として臨む。(島崎勝弘) 部員たちは週二回、一時間ほど練習している。年明けからはロードレースを想定し、一周二百六十メートルの廊下を十五周走り込んでいる。村田唯香さん(高校三年)にとっては最初で最後のレースになる。

 かほく市内の中学校時代は歩行器を使って歩いていた。高校から特別支援学校に通っている。学校が広いため現在は車いすを使用している。以前からスポーツに興味があり、...    
<記事全文を読む>