第25回県スポーツ少年団駅伝交流大会(県体育協会県スポーツ少年団、大分合同新聞社主催、大分トヨペット特別協賛)は11日、大分市のだいぎんグラウンドを発着とする周辺特設コースであった。小学3~6年の団員で編成した男子68チーム、女子27チーム、新設された混成の部に30チームが出場。各部門共に7区間9・95キロ(1区1・85キロ、2~7区各1・35キロ)で競った結果、男子は大分中央陸上が初めて、女子は滝尾陸上が2年連続2回目の優勝を果たした。混成は滝尾陸上・混成男子Aが初代王者となった。

 開会式では前回大会を制した男子の三重町陸上クラブ、女子の滝尾陸上が優勝旗と県教育長杯を返還。後藤英二郎...    
<記事全文を読む>