12日に開催する第55回愛媛マラソンでは、コースとなる松山市中心部から北条地区にかけて順次、全面通行止めや車線規制などが実施される。

 同課規制第二課長補佐の大西信行警部(43)は「迂回路となっている道を普段はあまり使わない人も通行する。交通状況も通常とは異なるので一人一人がより緊張感を持って運転をしてほしい」と求め、外出の際はいつも以上に時間に余裕を持って行動し、路上駐車や歩道橋からの応援をしないよう呼び掛けている。

...    
<記事全文を読む>