杵島郡江北町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、佐賀新聞社と佐賀陸上競技協会は10日、17日から開く第57回郡市対抗県内一周駅伝大会の最終日(19日)を10区間76・2キロから8区間56・8キロに短縮することを決めた。コースが移動制限区域を通るためで、武雄市北方町の北方西体育館から江北町役場までの28区と、同役場から小城市小城町のJR小城駅前までの29区の競技を中止する。

 最終日の短縮により、大会は33区間270・1キロから31区間250・7キロに変更となる。19日のレースは午前9時に唐津市役所をスタート。前半は北方西体育館でゴールし、後半は午後1時10分にJR小城...    
<記事全文を読む>