【那須塩原】第58回県郡市町対抗駅伝競走大会(1月29日)で2年ぶり8度目の総合優勝を飾った那須塩原Aチームの監督と選手が8日、市役所を訪れ、君島寛(きみしまひろし)市長に結果を報告した。

 訪れた選手は出場した10選手のうち6選手。2人が区間賞を取り、往路2位、復路で1位となり、逆転で優勝をつかんだ。

 橋本克己(はしもとかつみ)監督は「市長をはじめ、皆さんのバックアップのおかげで8度目の優勝を勝ち取ることができた」などと報告。君島市長は「市が駅伝王国であることを県内に広める結果となり、大変うれしい。今後も市からの応援を続けていきたい」とたたえた。

...    
<記事全文を読む>