2月19日に開かれる「高知龍馬マラソン2017」(高知陸上競技協会、高知県、高知市、南国市、土佐市、高知新聞社、高知放送など主催)の第2回実行委員会総会が7日、高知市内で開かれた。大会に向けた準備状況などを報告し、救護態勢の強化などが承認された。

 「高知龍馬マラソン2017」には47都道府県と海外13カ国・地域から、史上初めて1万人を超える1万1586人がエントリー。2016年と同じ、高知市の高知県庁前から花海道などを通り、春野陸上競技場を目指す42・195キロの日本陸連公認コースで実施する。

 総会には関係者ら約60人が出席。実行委員会会長の尾﨑正直知事があいさつした後、大会のゲストラ...    
<記事全文を読む>