第71回南九州駅伝競走大会は5日、えびの市真幸地区体育館前をスタートし、都城市立美術館前にゴールする7区間61・3キロで行われた。序盤から上位につけた国分自衛隊(鹿児島)が6区でトップを奪い、3時間13分32秒で7年ぶり6度目の頂点に立った。16秒差の2位に小林高A、3位は京セラ鹿児島だった。

...    
<記事全文を読む>