第20回べいふぁーむ笠岡マラソン大会(笠岡市など主催)が5日、同市平成町の笠岡陸上競技場を発着点に開かれた。小雨が降る中、全国から集まった約2千人が広大な笠岡湾干拓地を駆け抜けた。

 ハーフ(日本陸上競技連盟公認)、10キロ(同)、5キロ、3キロの4コースで年齢、男女別に競った。ゲストランナーとしてアテネ五輪(2004年)女子マラソン代表の坂本直子さんも登場し、沿道を盛り上げた。

 小学2年生までの子どもと保護者がペアで走る1・5キロの「エンジョイラン」もあり、親子で手をつなぎ仲良くゴールを目指した。

 発着点では山陽新聞社の多目的活動車「さん太」が、力走する選手の様子を伝えるカラー号外を発...    
<記事全文を読む>