第66回別府大分毎日マラソン大会は5日、大分市の高崎山・うみたまご前をスタート、同市営陸上競技場をフィニッシュとする42・195キロのコースであり、中本健太郎(安川電機)が2時間9分32秒(速報値)で優勝した。

...    
<記事全文を読む>