中国電力陸上部の監督に油谷繁氏(39)が1日就任した。元日の全日本実業団対抗駅伝で2度優勝し、自身を含む3人の五輪マラソン選手を輩出したチームは近年、低迷傾向にある。かつて世界と渡り合った名ランナーは2020年東京五輪も視野に入れ、名門復活へかじを取る。

 1月末、広島市中央公園。「選手が走っているときは座りません」。スーツ姿で立ったまま、ジョギングの様子を見守る。顔つきは現役時より少しふっくらとした印象だ。

 01、03年の世界陸上、04年アテネ五輪マラソンでいずれも5位入賞。11年の現役引退後はコーチに転身し、25年間率いた坂口泰・前監督(55)=現総監督=のナショナルチーム強化コーチ...    
<記事全文を読む>