バスケットボール男子のBリーグは26日、沖縄市体育館などで8試合が行われ、東地区3位の千葉は西地区5位の琉球に80-71で競り勝ち、連勝を6に伸ばした。千葉は28勝13敗、琉球は17勝24敗。

 千葉は第2クオーターに一時リードされたが、石井の3点シュートで逆転。その後は一度のリードも許さず逃げ切った。ストーンがチームトップの26得点、小野が同2位の19得点の活躍を見せた。

 東地区トップの栃木は中地区最下位の富山に102-76で大勝し、31勝8敗とした。東地区2位のA東京は西地区最下位の滋賀に85-87で敗れ、30勝9敗となった。

 西地区首位の三河は秋田に81-79で勝ち、30勝9敗。中...    
<記事全文を読む>