バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は26日、愛知県の豊橋市総合体育館などで8試合が行われ、中地区2位の三遠が延長戦の末に名古屋Dを102-98で下し、25勝16敗とした。三遠はドジャーが35得点、チルドレスが32得点と活躍した。

 三遠 25勝16敗 102(22―16 14―19 15―19 29―26 延長 12―12 延長 10―6)98 名古屋D 21勝20敗 ■チルドレス活躍 名古屋Dに連勝 試合終了のブザーが鳴ると約4500人が詰めかけた会場は熱狂に包まれた。ホームの三遠が2度の延長の末に競り勝った。敗戦の瀬戸際から粘り、しぶとくつかんだ価値ある1勝。藤田監督は「タフ...    
<記事全文を読む>