バスケットボール男子のBリーグは25日、沖縄市体育館などで8試合が行われ、東地区3位の千葉は西地区5位の琉球に89-71で快勝し、連勝を5に伸ばした。千葉は27勝13敗、琉球は17勝23敗。

 千葉は第1クオーターに12点リードし、危なげなく押し切った。アームストロングとパーカーが得点とリバウンドで2桁をマークするなど、5人が2桁得点を挙げた。

 東地区トップの栃木は中地区最下位の富山に81-91で敗れて連勝が7で止まり、東地区2位のA東京は滋賀に84-83で競り勝った。栃木とA東京はともに30勝8敗。

 西地区首位の三河は秋田に85-65で快勝し、29勝9敗とした。三河の金丸が両チーム最多...    
<記事全文を読む>