バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は25日、西宮市の兵庫県立総合体育館などで9試合があり、中地区2位の西宮は東地区5位の茨城に71-65で競り勝ち、通算27勝13敗とした。

 西宮は辛うじて連敗を免れた。1点を争う最終盤、チームを救ったのは谷だった。相手のスローインを読み切るなど立て続けにボールを奪取。重圧のかかるフリースローもすべて沈め、歓喜に沸く客席の「(谷)直樹」コールを浴びた。

...    
<記事全文を読む>