B1残留を争う北海道との22日の一戦は大事な試合だった。勝負どころで守備が崩れず、勝利をものにできた。

 66-66の第4クオーター。バチンスキーのスクリーン(守備の進路をふさぐ壁)を使ってマークを外してドライブしてきた桜井に対し、バチンスキーをマークしていたネパウエが近寄る。ドリブルのコースを消し、同時に手を伸ばしボールを奪う。速攻からのバスケットカウントにつなげ、流れをつかんだ。

 北海道は、桜井とバチンスキーが仕掛けてきたようなピックアンドロール(スクリーンでマークをずらし、壁役の選手がゴールへ走るプレー)を多用するとあって、チームで事前に守り方をしっかり確認していた。ネパウエにとっ...    
<記事全文を読む>