前節は契約を結んだ翌日にいきなりコートに立った。結果は2試合で計4得点と目立った働きはできなかったものの、小野寺監督が「身体能力が高く、攻守の切り替えが速い」と評価する持ち味は随所で発揮した。

 米国出身で全米大学体育協会(NCAA)1部のニューヨーク州立大バッファロー校を卒業後の昨季はNBA下部リーグでプレーした。プロ2年目となる今季は「米国にいる日本人の友達の影響で日本食やアニメに興味を持ち、ぜひ日本でプレーしたいと思った」と期待を胸に海を渡った。

 しかし、最初にプレーした東京Zではチームプレーを重視する日本のスタイルになじめず、契約解除。2チーム目の茨城は1カ月の短期契約に終わった...    
<記事全文を読む>