バスケットボール男子Bリーグ1部西地区5位の琉球ゴールデンキングスは22日、愛知県体育館で第39戦を戦い、同地区2位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズに77-75で競り勝った。通算成績は17勝22敗。

 第4Q残り5秒、名古屋Dにリング下のシュートを決められ74-75とされたが、試合終了のブザーと同時にラモント・ハミルトンが逆転の3点弾を決め、劇的勝利を飾った。チーム最多得点はレイショーン・テリーの23得点。

 次戦は25、26日、沖縄市体育館で千葉ジェッツと対戦する。■ハミルトン「自信を持って打つだけ」 キングスメンバー全員がコートに飛び出し、歓喜の輪をつくる光景が、劇的勝利を物語っていた...    
<記事全文を読む>