プロバスケットボールB1第21節は22日、各地で9試合を行った。栃木ブレックスは東京都府中市の郷土の森総合体育館で東地区2位のA東京に77-76と激戦を制した。通算成績は30勝7敗、順位は東地区首位で変わらないが、A東京に1ゲーム差をつけた。

 第1クオーターは5分過ぎまで互いに譲らない展開だったが、その後は連続失点を喫してリードを許した。第2クオーターは須田侑太郎(すだゆうたろう)がカウンターから得点、古川孝敏(ふるかわたかとし)が3点シュートなどで反撃、2点ビハインドで前半を終えた。

 第3クオーター4分過ぎからは田臥勇太(たぶせゆうた)の連続ジャンプシュート、渡辺裕規(わたなべひろの...    
<記事全文を読む>