第49回全日本実業団バスケットボール選手権大会(11~14日・愛知県豊田市)で3年ぶり9度目の優勝を飾った秋田銀行女子が21日、秋田魁新報社を訪れ、大会を振り返るとともに、来季に向けてさらなる飛躍を誓った。

 訪れたのは小笠原真人ヘッドコーチ、佐々木義幸監督、伊藤美和子主将ら6人。小笠原ヘッドコーチは昨年と比較し「大会では攻守ともに積極的に動いたが、終盤までばてなかったのはトレーニングの成果だ。勝負どころで3点シュートを決める選手もおり、期待を超えるプレーを見せてくれた」と語った。

...    
<記事全文を読む>