プロバスケットボールB1第19節は19日、各地で交流戦7試合を行った。栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で中地区2位の三遠に93-88で競り勝った。連勝を6に伸ばし、通算成績29勝7敗、東地区首位をキープした。

 立ち上がりは互いに攻撃を得点に結び付け、拮抗(きっこう)した展開になった。ブレックスはライアン・ロシターの先制から2分半の間、田臥勇太(たぶせゆうた)がレイアップを決めるなど放ったシュート5本全てを決めて流れをつかんだ。

 しかし29得点を挙げた第1クオーターから一転、第2クオーターは12得点と失速。その後も外国人選手を中心とする相手の攻撃に手を焼き、次第...    
<記事全文を読む>