バスケットボールのBリーグは19日、名古屋市の愛知県体育館などで行われ、東地区3位の千葉は名古屋Dを86-80で下し、3連勝で25勝13敗とした。

 千葉は試合時間残り2分で1点差に迫られるが、パーカーがブロックショットを決めリードを保持。富樫とストーンのフリースローなどで加点し逃げ切った。

 中地区首位の川崎は大阪に87-76で勝ち、32勝6敗とした。東地区1位の栃木は三遠を93-88で破り、同2位のA東京は富山に100-81で勝った。栃木とA東京はともに29勝7敗。

 千葉の次戦は22日午後7時、千葉ポートアリーナで東地区5位の秋田と対戦する。

...    
<記事全文を読む>