ランナーのエネルギーを復興の力に-。「熊本城マラソン2017」が19日、熊本市で開かれた。金栗記念熊日30キロロードレース、歴史めぐりフルマラソン、復興チャレンジファンラン(3キロ)の3種目に、国内外から1万3341人が出場。熊本地震からの復興に向かう街並みを駆け抜けた。好天に恵まれたこともあり、沿道に過去最多の約23万人(主催者発表)が詰め掛け、声援を送った。

 61回目の熊日30キロには、実業団選手や大学生ら男女74人が出場。DeNAの上野裕一郎選手(31)が、1時間30分17秒で初優勝を果たした。女子は大阪学院大の新井沙紀枝選手(22)が1時間46分29秒で頂点に立った。

 6回目と...    
<記事全文を読む>