バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は19日、つくばカピオなどで8試合を行い、茨城ロボッツはFE名古屋に65-90で敗れ、3連敗を喫した。今季最後の同会場での試合を飾れず、ホーム戦は13連敗。通算成績は14勝24敗で順位は東地区5位のまま。 ロボッツは第1クオーター、外角を中心に攻め込まれ、20点差をつけられた。第2クオーターは一色、ランダルが奮起し21-17としたが、後半は名古屋が中地区首位の実力を見せつけ、ロボッツを圧倒した。■恥ずかしい試合 ロボッツ・岩下桂太HC 第1クオーターが全て。20点差が最後まで響いた。シュートも入らず、非常に恥ずかしい試合になった。しっかり...    
<記事全文を読む>