プロバスケットボールB1第19節は各地で交流戦9試合を行った。栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で中地区2位の三遠に93-69と圧勝し、5連勝。通算成績は28勝7敗で勝率を8割に乗せ、東地区首位を堅持した。

 約2カ月ぶりとなったブレックスアリーナでの一戦には約3500人のファンが詰め掛けた。ブレックスは第1クオーター、先制を許したが、その後は古川孝敏(ふるかわたかとし)の速攻など連続9得点で主導権を握った。第2クオーターも好守備を着実に得点に結びつけた。

 後半に入ってもブレックスの勢いは衰えず、熊谷尚也(くまがえなおや)や前村雄大(まえむらゆうだい)が3点シュー...    
<記事全文を読む>