バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は18日、つくばカピオなどで9試合を行い、茨城ロボッツはFE名古屋に延長戦の末、93-95で競り負け2連敗を喫した。ホーム戦では12連敗。通算成績は14勝23敗で順位は東地区5位のまま。ロボッツは前半10点リードを許すも、第3クオーターに追い上げ、3点差で第4クオーターに突入。残り13秒、リカートの3点シュートで同点に追い付いた。延長戦で一進一退の攻防を繰り広げたが、最後の勝負どころで得点できず、わずかに及ばなかった。■役割果たしてくれた ロボッツ・岡村憲司SVC最後のシュートが入るかどうかというのは、こういう戦い方を続けていく中で入るように...    
<記事全文を読む>